ちいさな森へ。

ちいさな庭と、「しあわせのもと」のお話です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「虹の橋」のつづき。


こんにちは。

今日は、「いきもの」について、わたしが思うことです。
スルーしていただいて構いません。


先週、身近で、悲しいお別れがありました。

飼い主さんは山のような後悔を抱えて、苦しんでいます。

わたしも、そうでした。
後悔しか残らない。
悲しみしか残らない。

その子にとって、最善のことを選択してきたつもりなのに、
それが正しかったのか、自分のエゴではなかったのか。
そればかり考えてしまう。

病気だった子との別れや、天寿を全うできずに迎えてしまった別れは、
苦しめてしまった記憶だけが残り、
楽しくて幸せだった・・、そんな温かな記憶は一瞬で消えてしまう。

ああすればよかった。
こうしなければよかった。
あのとき。
あのとき。
やっぱりあのとき!

後悔の範囲を越えた感情に、押し潰されてしまう。
最期に見た辛そうな仕草が脳裏に焼き付いて、
気持ちがかき乱されてしまう。

そんなときは、夢の中でさえ会うこともできない。



愛犬マリンの首輪は、最後にかけた場所から動かせず、
もう5年以上が過ぎています。
オカメインコのハクのケージも、そのままです。


最近、トイプーのあんずが、マリンと同じような目で、
わたしを見送ってくれるので、
ドアを閉めて、胸がむぎゅっと締め付けられたりします。   

片づけをしていると、部屋のあちこちからハクの遊んだ跡が見つかって、
いつのまにこんな場所を?って、
喉の奥が熱くなり、わたしは動けなくなります。

だから、時々、時間が止まります。

悲しみの深さは、ひとそれぞれ。

だから、簡単に「元気出して」とは言えない。
でもね、ちゃんと悲しんで、ちゃんと消化して、
顔を上げて、笑ってほしいなって思うんです。


飼われていた動物たちは亡くなると、「虹の橋」のたもとへ行く。
そんな話をご存知ですか?
みなさん、きっと知っていますね。

その続きがあることも知っているかしら。

わたしにとっては、ここが一番乗り越えなければならないところでした。
そして、わたしが出会った愛すべき存在の意味を知ったのです。

よかったら、読んでください。



虹の橋 <第1部>

天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあって、お日さまは降り注ぎ、みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、
傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、
元のからだを取り戻すのです。
まるで過ぎた日の夢のように・・・

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんが
ここにいない寂しさのこと・・・。

動物たちは、みんな一緒に走り回って遊んでいます。
でも、ある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶようにあなたを見つけたのです。
あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱きあいます。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、
あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは、信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、
その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです・・・。



虹の橋にて <第2部>

けれど、動物たちの中には、様子の違う子もいます。
打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されることのなかった子たちです。
仲間たちが1匹また1匹と、それぞれの特別な誰かさんと再会し、
橋を渡っていくのを、うらやましげに眺めているのです。
この子たちには、特別な誰かさんなどいないのです。
地上にある間、そんな人は現れなかったのです。

でもある日、彼らが遊んでいると、橋へと続く道の傍らに、
誰かが立っているのに気づきます。
その人は、そこに繰り広げられる再会を、
うらやましげに眺めているのです。
生きている間、彼は動物と暮らしたことがありませんでした。
そして彼は、打ちのめされ、飢え、苦しみ、
誰にも愛されなかったのです。

ぽつんとたたずむ彼に、愛されたことのない動物が近づいていきます。
どうして彼はひとりぼっちなんだろうと、不思議に思って。

そうして、愛されたことのない者同士が近づくと、
そこに奇跡が生まれるのです。
そう、彼らは一緒になるべくして生まれたのでした。
地上では巡りあうことができなかった、
特別な誰かさんと、その愛する友として。

今ついに、この「虹の橋」のたもとで、ふたつの魂は出会い、
苦痛も悲しみも消えて、友は一緒になるのです。

彼らは共に「虹の橋」を渡って行き、二度と別れることはないのです。


雨降り地区 <第3部>

こんな風に、幸せと愛の奇跡に満ちている、「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシト冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも・・・。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを・・・
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを・・・

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。
動物達が残して行ってくれた、形にも言葉にもできない様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。



わたしは・・、
生前マリンを諦められず、長く苦しめてしまいました。
亡くなってからも、わたしの悲しみはマリンの体を冷やし続け、
それは、わたし自身も冷やしていたように思います。
そう思うと、それがつらく、また涙が流れたものです。
長く、冷たいときを過ごしました。

だからこそ、ハクとの別れで、
鳥であるハクを冷やしてはいけないと、
それでは、一緒に暮らした日々がムダになると、
そう信じ、いろいろ努力はしましたが・・、
結果はご想像通り、ハクは寒い思いをしたと思います。


ぴこちゃんに、降り注ぐ雨が、1日も早くやみますように。
ついでのように、また濡れてしまったであろう「ハク」の羽が、
すぐに乾きますように。

そして、その雨が愛情の雨だということに、
きっとこの子たちは気づいてくれていると、思うのです。


「いきもの」を通して、わたしはたくさんのことを知りました。
とりわけ「インコ」を通して、たくさんのものを慈しむ気持ちを持てました。

命は儚い。
本当に儚い。
そして、当たり前のことなんて、世の中にはひとつもない。

わたしたちの命は、たくさんの命の犠牲の上に成り立っています。
消費されるためだけに、生かされている命があることも、
絶対に忘れてはいけないのです。

無駄な殺生をしない。
(食べ残しをしない。無駄に買い求めない。)

そして、わたしは「リアルファーは絶対買わない、買わせない」。
生体の店頭販売も、断固反対です。

ひとは自分のためだけに生きるには限界があります。
繋がっていく命を少しでも守れたらと思います。

まずは、わたしにできることから・・。




ぴこちゃん、ぴぃちゃん。
安らかに眠ってね。
幸せな時間を、ありがとう。


コメント欄、閉じています。
いつもありがとう。


  1. 2014/05/21(水) 13:30:32|
  2. ※想い※
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。