ちいさな森へ。

ちいさな庭と、「しあわせのもと」のお話です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここにいるよ。


兄とケンカしました(笑)

母はいつも兄の味方で、それがわたしの感情を逆なでします。
すごく理不尽。

しかも、兄が入院しちゃったりするから、
母は心配で心配で、ますます兄寄りになって。

腹が立って。
腹が立って。

いつもそう。
子供の時から、ずっとそう。
いつも「お兄ちゃんお兄ちゃん」って。

子供みたいに、わたしも怒りを爆発させて。

で、怒っていたら、さみしくなったんです。

夫婦喧嘩もそうだけど、家族のケンカは、さみしい。

経緯を話していた友達に、
「家族のような友達でいてね」ってメールしました。

こ・・子供か?(笑)


友達からの返事。(原文のまま)

「私は常に、のりちゃんは最終的にどこで暮らすのかなと考えているよ。
できるなら、そばで暮らしたいなぁと思う。
あなたくらい私に気を遣わない人は珍しい。
友達とはいえ、フツーはもう少し気を遣うはずだ。
が、まるきりない。
気を遣え!というのが本音だか、ある意味楽でいいから、
特別に許す。
しゃーない。
大丈夫だよ。心配ない。」


たぶん、友達は多くないと思います。

でも、やっぱりわたしは恵まれている。
なにものにも代えがたいものを、ちゃんと持てたと思う。

「ここにいるよ。」

彼女の存在は、いつもそこにある。
そんな安心感に包まれています。
幼稚園の時から、変わらない存在です。


(その後)

翌日、「こんちくわー!」ってメールしたら、
「軽いノリのこんちくわー!っての、イラっとするからやめてくださる」って。
こっわー!!(´・ω・)ショボーン
友達とは厳しいものよねー。

mono15_20130802142934855.gif


昨日、ある方から小包が届きました。
「われもの注意」って書いてあったので、ピンと来ました。
最近ね、彼女は、水彩画を習っているんだもん(*´▽`*)

わくわくしながら、小包を開けて、
わたしは、息を止めました・・。

声をあげて、しばらく泣いてしまいました。


腕の中には、いたんです。

ハクが。
わたしのハクが。

140322-1.jpg



「ハク」というのは、我が家のオカメインコです。
5年前、わたしが父のためにお迎えしました。

わたしの父は「肺気腫」という病気で、
酸素吸入器をつけて、生活をしています。
動けるのは、管の長さ、半径8mだけ。
外出もままなりません。

コンパニオンバードと呼ばれるオカメインコなら、
父の友達になってくれるはず。

そう期待して、知り合いからお迎えしました。
(タイミングよく、知り合いの方から声をかけてくれたのです。
オカメインコ飼わない?って。
2羽、生まれたんだけどって。)

ハクは、父のそばでキチンと役目を果たしてくれました。

常に寄り添って。
常に話しかけ。
常に見つめて。


でも、少し大人になったハクは、
父の酸素吸入器の管を、足で掴んで遊ぶようになり、
そして、とうとう噛み切ってしまいました。

注意しても、注意しても、止まらず、
軽く逆切れ気味になって^_^;

それで、ハクはわたしと暮らすことになりました。


頭もカンも良い子で、手こずったことも多かったのですが、
本当に、本当に愛情でできているような子でした。
ちいさな体には愛情が詰まっていました。


そんなハクですが、去年の8月、
亡くなってしまったのです。
死亡原因は、心臓発作です。

雷に驚いて、
一瞬のことでした。

なにが起こったのか、理解できず、
死んでしまったのがわからなくて、
わたしは、ハクをしばらく両手で抱いていました。

それからずっと後悔に押しつぶされて過ごしました。


8月から、なかなかブログを開けなかったのは、そのせいでした。
最後の日、ハクの写真を載せていました。
見ることができなかった・・。



描かれたハクは、あの頃のように、

「ぼく、ここにいるよ~」

そう言っているようでした。


[広告] VPS


[広告] VPS



ハク、大好きだよ。
これまでも、これからも。
ずっと、ずーっと。


にほんブログ村 花ブログ 庭・花壇づくりへ
にほんブログ村

このところいろいろあって、立ち止まってしまったけれど、
でも、やっぱりちゃんと前を見て、前に進もうって思いました。
ひとを大切にしようって。

大好きな子たちに、胸を張って会えるように。



  1. 2014/03/23(日) 02:03:47|
  2. ※大好きことり※
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。