ちいさな森へ。

ちいさな庭と、「しあわせのもと」のお話です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

負けない心。


みなさん、ご無事ですか?

ワタクシ事で、ブログをお休みしている間に、

大きな哀しい震災が起きてしまいました…。


私のブロ友さんには、被災地の方がいないように思います。

「もしかして?」と心配だった方の無事も、先日確認できて、

嬉しく思っています。


みなさん、いかがお過ごしですか?

大丈夫ですか?


私は、お陰さまで無事です。

ゆめ地方、震度6強の揺れでした。



あの日、私は、遠く離れた実家にいました。


そんな午後、家族で地震に遭いました。

長い長い地震…。

気持ちの悪い地震でした。


「どこかで大きな地震があったね。」

そう言いながら、ニュースを見ていました。



私の故郷は、昔とても地震の多い地域で、

海が噴火したこともあったりして、

防災頭巾を被って、小学校へ通い、

避難用具もちゃんと枕元に準備して眠る…、そんな町でした。



地震は怖いけど、むやみに怖がる必要はない。

落ち着いて行動すること。

そう言われて育ちました。



ニュースで、震源地は東北と出て…。

津波警報が出て…。





その後、悪夢のような映像が流れ続けました。






地震直後、主人の実家とは、まったく連絡が取れず、

家に帰りたくても、手段がない。

電車も高速も不通で、不安でした。


その後、家にも無事に戻れ、義理の両親とも会えました。

家に被害はありましたが、

ふたりとも無事でした。



実は…、

私は、この10日ほど、

かなり落ち込んでいました。

リアルタイムで見てしまった映像は、

とても衝撃的で…。




計画停電も始まりました。

停電のたびに、私の父の「酸素吸入器」が止まります。

バッテリーか、発電機を用意したくても、どこにもない。

東京電力には電話は繋がらないし。

夜中に目覚ましをかけて、電話しても繋がらないんです。

10日後に、やっとバッテリーを借りることができました。






みなさんと同じ気持ちでいます。

私は私にできることをしよう。

そう思っています。



働いて、税金を払います。

義援金にも、長期的に協力します。


掃除機を使うのをやめました。

お風呂の残り湯で、拭き掃除をし、お花へ水遣りをしています。

「冷蔵庫カーテン」をつけました。

こたつ、ホットカーペットは片付けました。

買い物は、できる限り徒歩で。

そして、無駄な買い溜め・買い控えはしません。



原発問題。

過剰反応せずに済むように、

正確な情報を受け入れられるために、勉強していきます。

公害、薬害…いろいろなことが日本の歴史にありました。

簡単に「大丈夫です」という言葉は信じられなくて、

当然なのかもしれません。


ならば…、

惑わされずに、根拠のある決断をできる、

「自分の力」を、身につけたいです。

全ての野菜が、土が、水が、空気が、

汚染されている訳ではないのです。




人々のいのち。

人々のくらし。

美しい日本が、守られますように。

健康な日本の心が、守られますように。



どんなことにも負けない強い心が、

日本人にはあります。

避難されている方の、忍耐強い様子からも感じます。

思い遣り、助け合いの心に満ちた、

日本人の姿は、世界に誇れると思います。

暴動なんて、当たり前に起こり得ないのです。



私はキチンと働き、正しく消費し、

経済が立ち直ることに、協力したいです。


こんな状況でも、マネーゲームは続き、

円高はどんどん進み、株価が下がる…。

中東問題で、原油は高騰…。

そんなことには、負けてはいけないのです。



ブログは、計画停電が実施されている間、

お休みしようと思います。




我が家のクリスマスローズが咲き始め、

今、最盛期を迎えています。

ポツンと一輪で咲いている、ピンクのピコティ



ちいさな花なのに、大きな株に育った子。



会いたかったセミダブル


蕾も10個つきました。




ピンクのイトピコティ W



1週間経って、ピンクが薄くなりました。




ホワイトのイトピコティ W






今シーズンの新入りさんは、この2株です。
小輪花
シックな色が、とっても可愛いです。



イエローのセミダブル
まだまだお花を付けています。
お顔を上げて咲いてくれる美人さんです。






この震災で亡くなられた方々のご冥福を、
心からお祈り申し上げるとともに、
明るい希望の光が、東北地方を包みこむことを願っています。
心の傷が、1日も早く癒されますように。

頑張ろう!日本!


被災地で活動されている、たくさんの方々に、
そして、原発問題に立ち向かってくれている、たくさんの方々に、
心から感謝の意を込めて。

これ以上、被害が広がりませんように。



私も、明日から仕事を頑張ります。




ごめんなさい…。



私の暮らす街の水道水から、
乳児の飲用に関する暫定的な規制値を越えた
放射線物質が検出されて…、
私は、「ピノまめ」のちいさな体が心配で、
500㎖のミネラルウォーターを2本買いました。
私は、いくらでも水道水を飲むから、
この子たちに安全な水を飲ませてあげたい…。
そう思ってしまいました。



東京で暮らす、学生時代からの友人の子供も、
1歳2ヵ月で、きっと都から水の配給も受けられない。
きっと売り切れで、買えないだろう…。

そう思ったら、色々なことで胸が痛くて…。
その友達に、開ける前の1本と、他に2本の水を送りました。
友達がとても喜んでくれたので、涙が出ました…。


たくさんのひとの想いが、いろんなことを起こしています。
どうか、地球が愛と平和で包まれる日が来ますように。



こんなときに不謹慎かとは思いましたが、
愛鳥家ゆえ、この記事を転載させて頂きます。

小鳥と小動物病院「リトルバード」の
小嶋獣医師の見解です。




電話が鳴り止みません・・・

「鳥に水道水を与えて良いか?」というお問い合わせがあまりに多く、
診療と入院管理がおぼつかない状態となってきましたので、
緊急にアップさせていただきます。


現在の放射線レベルでは、成鳥に対する健康被害はないと私は判断しています。

飲料水からの被爆で考えなければならないなのは、放射線の総量です。

現在の濃度であれば、
健康な成人がある程度の期間摂取しても問題にならない総量にしかならないと発表されています。

鳥は体が小さいので、心配されるかもしれませんが、その分、飲む量も少ないのです。

ということは、鳥が”極端に放射線に弱くない限り”人と同様に考えて良いわけです。

そして、鳥の細胞(DNA)が、放射能に弱い!という話を私は聞いたことがありません。

というわけでして、今のところ心配はいらないと思います。

雛に関しては、人同様、”万が一”の可能性があるので、
水道水を控えた方が良いかもしれません。

ペットボトルの水を使う際、みなさん軟水or硬水を気にされますが、
どちらでもかまいません。

ミネラル制限を言い渡されている場合だけは、軟水をお使いください。

みなさな、くれぐれもパニックにならず、落ち着いた対応をよろしくお願いいたします
  1. 2011/03/31(木) 13:41:00|
  2. ※ガーデニング※
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<彼女色の寄せ植え。 | ホーム | お知らせ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://smallforest2012.blog.fc2.com/tb.php/163-2d8f690f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。